第2回 ポスター賞
Winners of 2ndPoster Awards on 6th GSC Symposium (2006.3)

    第6回GSCシンポジウムにおいて、若手研究者・技術者を対象に、ポスター発表のうちでポスター賞への応募のあった中から、発表の内容、GSC推進への貢献度、プレゼンテーション等の評価によって優秀なものとして下記の8件が選ばれた。表彰式は、3月8日の閉会式の前にシンポジウム会場で行われた。

セラミックスの水溶液合成および自己組織化単分子膜を用いた液相パターニング
Synthesis of Ceramics in an Aqueous Solution and Their Liquid Phase Patterning Using a Self-assembled Monolayer
名古屋大学大学院工学研究科 増田 佳丈 氏
Department of Applied Chem., Nagoya Univ. Yoshitake Masuda
超臨界二酸化炭素を利用した機能性複合粉体の製造技術
A Process for Preparing Compsite Particles by Supercritical Carbon Dioxide
花王株式会社 今木 卓弥 氏
Kao Corporation Imaki Takuya
シトクロムc3をクロスリンクした光合成反応中心からヒドロゲナーゼへの直接的電子移動による光水素生産
The Hydrogen Production Photochemically Driven by the Direct Electron Transfer from Photosystem I Cross-linked with Cytochrome c3 to [NiFe]-Hydrogenase
独立行政法人理化学研究所 伊原 正喜 氏
RIKEN Masaki Ihara
二酸化炭素を直接原料とする高分子合成[1]亜鉛二核錯体を用いた二酸化炭素とエポキシドの共重合
Polymer Synthesis Directly from Carbon Dioxide [1] Alternatin Copolymerization of Carbon Dioxide and Epoxide
東京理科大学工学研究科 小河 綾香 様
Tokyo University of Science Ayaka OGAWA
層状粘土触媒ハイドロタルサイトおよびモンモリロナイトを用いるOne-Pot反応系の開発
Development of Heterogeneous One-Pot Reaction Systems Using Layered Clay Catalysts
大阪大学大学院基礎工学研究科 本倉  健 氏
Graduate School of Engineering Science, Osaka University Ken Motokura
ポリ(4-ヒドロキシブタン酸)の熱分解メカニズムの解析
Study on the Mechanism of the Thermal Degradation of Poly(4-hydroxybutyric acid)
東京工業大学大学院総合理工学研究科 金   剛柱 氏
Tokyo Institute of Technology Kang Ju Kim
酵素触媒を用いた新規ポリチオエステルの合成
Synthesis of Novel Polythioester Using an Enzyme
慶應義塾大学理工学研究科 加藤  誠 氏
Keio University Makoto Kato
光とメタンの有効利用:Ce-Ti共担持光触媒による直接メタンカップリング反応
Utilization of methane and light energy: Doubly loaded cerium and titanium oxides on silica as photocatalyst for direct methane coupling
名古屋大学エコトピア科学研究所 レニ ユリアティ 様
EcoTopia Science Institute, Nagoya University Leny Yuliati